<< はんなり。 | HOME | 年賀状。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
鹿男あをによし
評価:
万城目 学
幻冬舎
---
(2007-04)




冬休みは良いですね、本を読む時間を
沢山取れますから(o・ω・o)
というわけで、久々に読んだ本のレビュー。


「鹿男あをによし」 
 作:万城目 学


★内容
 「さあ、神無月だ――出番だよ、先生」
 二学期限定で奈良の女子高に赴任した「おれ」。
 ちょっぴり神経質な彼に下された、空前絶後の救国指令!?
 「並みの天才じゃない」と金原瑞人氏激賞!
               (出版社より)



★感想
  鴨川ホルモーで一躍有名になった作者さん。
  僕はそちらも読みましたが、やはりこちらの方が
  後に書かれたものなので完成度が高くなっていると
  思います。

  最初ののほほんとした(?)日常の風景も、後半に
  なっていろいろな事が明らかになってくると
  総てが伏線になっていた事に気付いて、ちゃんと
  作りこまれてる感じでした。

  あと、堀田と京都の大将との剣道の試合の臨場感が
  半端じゃなかったです。僕は剣道とか全然分からない
  んですが、とにかく手に汗握りました。

  そして何と言っても鹿が憎めないヤツなんです。
  人間を見下した感じもあるんですがポッキーが
  好きと云う可愛らしい一面もあったり。
  


  このお話は来年の1月から玉木宏が主演で
  ドラマ化もされるそうです。
  お話の世界観も好きだし、玉木宏も好きなので
  楽しみにしておきたいと思います!!




JUGEMテーマ:読書


| | comments(0) | -
スポンサーサイト
| - | - | -


COMMENT


POST A COMMENT










Arrivederci

hast Du gezahlt die lehren Traume,
Bist Du nurselt voll Gluck und Freude.

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECOMMEND
LINKS
OTHER


MOBILE
qrcode